2013年9月1日日曜日

1. ブラックプール戦

開幕戦は対ブラックプール戦。

相手は4-4-2を使ってきそうだが、相手のサイドはMR、MLともに適正がない選手だ。この相手の弱点のポジションでボールを奪いたいので、こちらはDMFじゃなくてCMに二人置く4-2-3-1にする。CMとウィングかFBで相手のサイドの選手を挟み込むのが狙い。


と思ったら相手は4-5-1できた。このフォメの攻略は、相手FWをぼっちにすることだが、どうするんだっけ。

とりあえず、プレスを強めにして、様子をみる。すると、初めてのシュートも相手で、初めてのゴールも相手に取られた。55分ごろには二点目を決められる。得点はどちらもフィリップス。適性のないはずのMRの選手だ。相手はこちらよりボール支配率が高く、枠内シュート率も高い。

(二点決められたフィリップス。高速ドリブルから自分で直接シュートを狙える)


まだ時間はあるので、こちらは中央を固める4-1-2-1-2にして、ロングボール戦略。すると、二点を返して同点。相手が一点を加えると、こちらもまた同点に戻す。

相手は、4-4-2フラットにしてきていたので、こちらは当初の陣形に戻す。すると、さらに一点を加えることに成功し、4-3となる。で、そのまま逃げ切りに成功。ホームでの開幕戦を制した。


見ての通り、ほぼ互角の内容。強敵だったが、こちらの采配が少しだけ勝ったような気がする。

(二点決めてくれたYeste。パスもうまいが、いい位置でうまくトラップして、自分でシュートまでもっていける選手)

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの名前は、OpenID対応になっています。詳しくはこちら→https://support.google.com/blogger/answer/83064?hl=ja
匿名でも書込みできます